Osaka University
co* design

阪大フェスタ
未来に向けた共創のあり方を考える

大阪大学COデザインセンターでは、産・官・民・学による連携の深化を図ることを目的として、「阪大フェスタ:未来に向けた共創のあり方を考える」と題した催しを、下記のとおり開催いたします。
初開催の阪大フェスタでは、未来に向けた新しい社会価値の共創のあり方を様々な視点から問うために、次の5つのセッションを設けます。

A)企業による講演セッション(未来の「デザイン」を考える)。
B)企業による人材育成紹介セッション(未来の「働き方」を考える)。
C)本学の教員や学生による研究紹介セッション(未来の「問い」を考える)。
D)学部・研究科などによる大学活動紹介セッション(未来の「大学」を考える)。
E)産学共創ワークショップ(未来の「学び」を考える)。
※Eセッションのみ関係者限定

これらのセッションを通じて、阪大フェスタが、産・官・民・学の交流の機会の場、そして、今後の共創のあり方に関する知と情報を共有できるプラットフォームになればと考えています。
本企画の趣旨にご理解・ご賛同いただき、是非とも皆様方にご協力・ご参加いただけますようお願い申し上げます。

大阪大学COデザインセンター長
松繁 寿和


開催概要

開催日時 2017年3月23日(木)13:30~16:30
2017年3月24日(金)10:00〜16:00
主催 大阪大学COデザインセンター
後援 公益社団法人関西生産性本部
会場 ヒルトン大阪
〒530-0001 大阪市北区梅田1-8-8
イベント紹介はこちら
ヒルトン大阪